safari

SafariとFirefoxで、ttpなどのh抜きURLを補完する方法


20071013.png

インターネット上のリンクで、ttp:www.exsample.comなど、httpの1文字をとってttpと記載されている場合がある。

このh抜きのリンクは、相手先のサイトを訪問した際にreferer(リファラ:どこのサイトから訪問したか?の履歴)が分からないようにするために使われているようです。

しかし、クリックしてもそのページを訪問することができないため、URLをコピーしてアドレス欄へ貼りつけるといった作業をしなければならず、大変不便です。

そこで、Macユーザがttpのh抜きリンクをクリックした際に、そのページにリンクするための方法をSafari
Firefox、2つのブラウザのケースで調べてみました。

Read More