Cloudberry Jam Live at Okayama Johnbull Hall 2007.04.20

iTunes

遅くまで食べ歩き楽しんだ大阪から一夜明けたこの日、偶然にも Cloudberry Jam のメンバーと大阪駅でばったり。
同じ新幹線に乗り、岡山駅へと到着。

Yah, Rie(with her friend), Sizuhiko さん
つまり、いつものメンバーと待ち合わせをして会場付近へと移動した。

16時前に会場近くに到着した私たち。
開場1時間前までは、お茶をしたり、近所に複数ある古着屋巡り、フルーツを売る傍らで絞りたてのジュースやケーキを出してくれるお店でグルメを楽しんだ。

まずはオープニングアクト COMATOSE が20分ほどのライブを披露し、メインアクト Cloudberry Jam の登場を待っている。
会場はライブハウスと言うよりも、パーティハウスのように平面的で、床も木材だったことから気がつけばみんなが体育座り。
ちょっと不思議な光景だった。

開場19:30の時点では10数人しかおらず、「これは心配だなぁ・・・」と思っていたが、ふたを開けてみれば100人近いオーディエンスが集まった。
再結成後、Cloudberry Jam が岡山に来るのは初めてのこと(Jennie の個人的な来日はあったが)
岡山のファンが Cloudberry Jam を待ちわびていた様子が伝わってくるようだった。

ちなみに、Cloudberry Jam の出番は21:30と遅め。
開場前も合わせると6時間近く待ったことになる。

そして、Jonathan がステージに上がりドラムを叩き出す。
今回のライブで定番となりつつある登場の仕方だ。

Konbanwa!

Jennieが「何でだか分からないけど好きな曲、きっとレコーディングが楽しかったのかな。」と1年前に言っていた曲、「Walkin’ in my sleep」が始まった。

Arigato gozaimasu!

Thank you!

Thank you very much!
今日はきてくれて嬉しいわ。
次は、私たちが尊敬している Paul Weller の「My ever changing moods」よ。

Thank you!

Thank you!

wao!
sugoi!
Thank you!

3曲目というとても早いタイミングで「Your love」。
大阪で「ジャンプが足りない」と Rie にダメ出しされた私たちは、これでもかとばかりに飛び跳ねる。
そして大阪同様、終わったかと思いきや、Jorgen のギターをきっかけに再度サビを演奏。
この時点で足がガクガクしてきたのは私だけではないはずだ(笑

Thank you very much!
Arigato gozaimasu!

Thank you very much!

のっけから歌う・踊るの異様な盛り上がりを見せる岡山のオーディエンスに、Jorgen やJ ennie は、

金曜の夜の岡山だ!
Sugoi!

Sugoine!

と驚きの言葉を口にする。
そして、「I sit a while considering」へ。

Thank you very much!

ここで、メンバー全員が Martin のベースに合わせて指を鳴らし始める。
今回のツアーで初めてプレイする「Let the man」だ。
はじめは手を叩いていたオーディエンスも、メンバーに合わせて指を鳴らし始めた。
CD では若干地味目なナンバーだが、ライブ映えする名曲だ。
ひとしきり盛り上げ、最後は指を鳴らしてひっそりと終了。
間髪入れずにJorgenが

「Going further」

と叫び、これまたライブ映えする「Going further」が始まった。
会場の盛り上がりを見て、奥でプレイする Robin も前に出て行きたそうな雰囲気だ。

Thank you very very much!

Thank you!
次は2曲続けてニューアルバムからプレイするんだけど・・・。
あっ、そうだ!今日はとても素敵なレストランでランチをしたの。
この近くで、名前は知らないんだけど、ビルの階段を上っていくの。
(会場を見渡して)なんて言うか知ってる?

(オーディエンスが)「●●」(私も聞き取れなかった)

もう一回言って!

(オーディエンスが)「●●」
Jennieは聞き取れなかったようで

多分それね(笑
すごく良かったのよ!
次の曲は「So happy」

続けざまに「Mesmerized」へ。

Thank you very much!

Atsui!

「Atsui」は、私たちが知ってる日本語の1つなの。

ここでメンバーのいたずら心がうずき出し、日本語の応酬が始まった(笑

Yopparatta!

Genkidesuka?

Genkidesu!

「Connected」

と、東京・大阪でも披露してくれた大好きな曲「Connected」をプレイ。

Thank you!

Thank you!

そしてJorgenが

「Cliches」

と叫びアップテンポなこの曲が始まった。

Thank you very much!
実は岡山には、2年前に大学の大きな会議で来たんだけど、(●思い出せず)なんて言ったらいいのか分からないくらい楽しかったわ。
話はさかのぼって、24歳か25歳くらいの時に(●思い出せず)、「Do what I wanna do」

と、「Let the man」に続いて岡山で初披露となる「Do what I wanna do」へ。
再結成後のライブでは毎年披露している曲だけに、完成度も抜群だ。

Thank you!

「Roll the dice」

と、懐かしい曲が続く。

Thank you!

Thank you!

Arigato gozaimasu!
Okayama Rocks!

私たちと一緒に踊りましょう!

と、「Elevator」
これで5曲続けて懐かしい曲が並ぶことになる。
これは再結成後初めて訪れる岡山のファンへの配慮なのかも知れない。

Thank you!

そして、新曲「Thinking of you」へ。

今演奏した曲はは新曲で、iTunes でダウンロードできるんだ、みんな気に入ってくれるといいな。
Thank you!

と言い、「Another moment follows」へ。

曲の最後でJorgenが大きくジャンプすると、ステージ全体が激しく揺れた。
それについて、Jennie が

(●思い出せず)

(激しいドラムの)Jonahan のせいだよ(笑
(●このあたりの翻訳は少し自身がない)

そっか、Jonathan のせいか(笑
これから Jonathan の話をするわ。
みんなは Jorgen と Henrik と私のことは、Cloudberry Jam のメンバーとして見たことがあると思うけど、今回、新しい仲間を連れてきたの。
まずはベースの Martin(拍手)
サックスの Robin(拍手)
そして、(●思い出せず)、ドラムの Jonathan(拍手)
「Easy」

と、Easyをプレイ。

Thank you!

Thank you very much!

Thank you very much!
もう1曲やろうかな。

今日は楽しかったわ
「I take you where you wanna go」
今夜は来てくれてありがとう!

Thank you very much!

Arigato gozaimasu!

Okayama!

これだけ盛り上がった岡山だ、大きな拍手でアンコールを迎える。

Yabaaaai!

Thank you so much!
1ヶ月前に、Dolly Parton のライブに行ったんだけど、彼女はあなたたちは今までで最高のオーディエンスよって言ってくれたの。
その後、Martin も同じライブを見に行ったんだけど、彼女はそこでもあなたたちは今までで最高のオーディエンスよって言ってたの(笑
でも、今日は最高よ、ありがとう。

ここで Jorgen が Dolly Parton の曲を弾き、Jennie に歌うように促す。
Jennie が誘いに乗るか悩んでいると・・・。

多分、来年やるよ。

うん、来年。

と笑いながら、「Everything you are」へ。
練習不足だった大阪でのプレイとは見違えるようなプレイに、本来この曲が持つ美しさを再認識した。
今になって思うと、Jennie がソロで来日した際に渋谷 Planet 3rd で演奏した時と同じような感覚を覚えた。

「Day after day」

今回のツアーで3rdアルバム「The impossible shuffle」からの曲は、先ほどの「Everything you are」とこの曲だけだ。
そして、この曲「Day after day」で初披露となった。

Thank you!

そして、「Nothing to declare」へ。
ここでも大阪での荒々しいおまけパートが踏襲されていたが、若干 Jorgen のマイクの音が小さかったせいか
掛け合いの良さが割り引かれたのが残念だ。

Thank you very much!

Thank you!
Thank you so much!

みんなすごいな。
Sugoi!

最強のオーディエンス、岡山。
もちろんここで終わりというわけにはいかない。
先ほどより大きな拍手で2度目のアンコールを迎えた。

Thank you!

そして、Henrik のキーボードをきっかけに「Radio」が始まった。
ここでも曲が終わると見せかけて、もう1コーラス続けてしまうプレゼント付き。
大歓声が沸き起こった。

Thank you so much!
私はいくつか知ってる日本語があって、「Gomennasai」と「Oyasuminasai」なんだけど、
東京で渋谷の街を歩いてたら、道が狭いからいろんな人とぶつかって、その度に「Oyasuminasai」「Oyasuminasai」って(笑
これから歌う曲が最後になると思うけど、Oyasuminasai Songよ、「Summer breeze」

と締めくくった。

Thank you!

Domo arigato gozaimasu!

Thank you very much!

Thank you!

ライブが終わってすぐ、Jorgen が駆け寄ってきて「hacchi、今日のライブはベストだったと思わない?」と聞いてきたことから、メンバー自身も大きな手応えを感じたようです。

  • Let the man
  • Do what I wanna do
  • Day after day

の初披露となる3曲を、4公演目となる岡山で投入してくるあたりからも、メンバーの気合いの入れようが伺えた。
終わってみれば、6公演中で、もっともオーディエンスが盛り上がりを見せたのはここ岡山だった。

Set List

  1. Walkin’ in my sleep
  2. My ever changing moods
  3. Your love
  4. I sit a while considering
  5. Let the man
  6. Going further
  7. So happy
  8. Mesmerized
  9. Connected
  10. Cliches
  11. Do what I wanna do
  12. Roll the dice
  13. Elevator
  14. Thinking of you
  15. Another moment follows
  16. Easy
  17. I take you where you wanna go
  18. Everything you are
  19. Day after day
  20. Nothing to declare
  21. Radio
  22. Summerbreeze
Sponsored Links
336_280
336_280

シェアする

フォローする

Sponsored Links
336_280