Cloudberry Jam Live at Nagoya ell.FITS ALL 2007.04.16

iTunes

Clay Allison

Konnichiwa!
僕たちは Clay Allison です。
今夜、ここで the ARROWSCloudberry Jam と一緒にプレイできて嬉しいです。
みんなが僕たちの曲を気に入ってくれるといいな。

と、「Love On Depression Street」で幕が開けた。

そして、続けざまに「Good, Clean」

Domo Arigatou!

そして、口笛のイントロが印象的な「No need」へ。

Arigato Gozaimasu!

(●思い出せず)

と言い、「Believe in me」へ。

Arigato!

そして、「It sure looks bad」へ。

Thank you very much!

Arigato!

Thank you!

Set List

  1. Love on depression street
  2. Good, Clean
  3. No need
  4. Believe in me
  5. It sure looks bad

Cloudberry Jam

約20分のインターバルを経て、Jonathan のドラムが響き渡る。

Genkidesuka?

konbanwa!

そこに Henrik のキーボードと Jorgen のギターがなだれ込み、「Walkin’ in my sleep」の始まりだ。

Thank you very much!

Thank you!

そして、思わず体が動き出す軽快なメロディと美しいコーラスで始まる「My ever changing moods」へ。

Thank you!

Thank you very much!
古くからの友達がいるこの場所にまだ戻って来れて嬉しいわ。
次の曲は・・・、実は昨日、東京で(●思い出せず)、「Another moment follows」

Thank you!

そして、「Easy」へ。

Thank you!

Sugoine!(笑

(●思い出せず)

そして、「Mesmerized」

Arigato Gozaimasu!

(「Mesmerized」の歌詞になぞらえて、Henrikに)、キーを間違えた?

(●思い出せず)

「Cliches」

Thank you very much!

Tack sa mycket!

私たち3人のことは以前から知ってるんじゃないかと思うけど、新しいメンバーを紹介するわ。
今回初めて Cloudberry Jam のライブに参加しているの。
まぁ、東京でライブをやったから、2回目なんだけどね。
Jonathan、彼はドラムを叩いているわ。
ようこそ、あなたとプレイできて嬉しいわ。(●思い出せず)
そして、ベースの Martin。
それから、Robin、サックスをプレイしているの。
(投げやりに)あとは、Henrik と Jorgen と Jennie(笑
次の曲は「Radio」

Thank you very much!
昨日は東京にいて、ショッピングに出かけたの。
私はいくつか知ってる日本語があって、「Gomennasai」と「Oyasuminasai」なんだけど、
渋谷の街を歩いてたら、道が狭いからいろんな人とぶつかって、その度に「Oyasuminasai」「Oyasuminasai」って(笑
(●思い出せず)
次は「Elevator」をプレイするわ。

Thank you!

そして、「So happy」へ。

Arigato Gozaimasu!

Thank you!

Thank you very much!
今日は昔からの友達が沢山来てくれてるわね。
Harumi, Hacchi-san, それから名古屋の Shoko…
次にプレイする曲は、ビデオにもなってるんだけど、何ヶ月か前だったっけ?、もっと前?
「I take you where you wanna go」

Thank you!

次の曲は iTunes でダウンロードできる新曲なの。
(●思い出せず)、「Thinking of you」と言う曲よ。

そして、「Nothing to declare」へ。

Thank you!

Arigato Gozaimasu!

次の曲が最後になるんだけど・・・。

会場から「え〜」の声が。

Hontoneeeee?
今日は Clay Allisonthe ARROWS と一緒にプレイできて嬉しいわ。
(●思い出せず)、今日、最後の曲は「Your love」。

曲が終わっても鳴りやまない手拍子に、コードストロークを続ける Jorgen。
サビをもう一回のオマケ付きで締めくくった。

Arigato Gozaimasu!

Domo Arigato!

Photo Report

ararata photo blog.

東名阪のライブに同行したカメラマン、arataくん撮影の写真もご覧下さい。

Set List

  1. Walkin’ in my sleep
  2. My ever changing moods
  3. Another moment follows
  4. Easy
  5. Mesmerized
  6. Cliches
  7. Radio
  8. Elevator
  9. So happy
  10. I take you where you wanna go
  11. Thinking of you
  12. Nothing to declare
  13. Your love

the ARROWS

Cloudberry Jam から30分もの時間を空け、the ARROWS が登場した。

the ARROWS については、2005年に Cloudberry Jam と共演した渋谷 QUATTRO 以来、その動向に注目しているバンド。
会場のほとんどは the ARROWS のファンだったようで(年齢層も若い!)、大盛り上がりだった。
the ARROWS のファンは、Cloudberry Jam の演奏時も盛り上げてくれ、暖かさを感じた。

唯一残念だったのは、ギターとドラムの音が大きすぎて、ハウリングがひどかったこと(事前に分かりそうなものだが・・・)
音が大きいことも影響して、ボーカルも聞こえづらかった。

the ARROWS の魅力の1つとして、竜二さんが作り出す独自の世界観が挙げられると思うので、歌が聞こえづらいというのは、手痛いミスだと感じた。

この他、the ARROWS のアンコールでは、Cloudberry Jam とのセッションが実現!
Cloudberry Jamthe ARROWS の演奏で、Jennie と竜二さんが歌う「This and that」
the ARROWS の演奏に Jorgen と Henrik がパーカッションで参加して、Jennie と竜二さん歌う「プレイボーイは憂いボーイ」が披露され、大いに盛り上がった。

Sponsored Links
336_280