Cloudberry Jam Live at Velours 2006.11.15

iTunes

前日のラジオ出演を見に行くことができなかったため、この日が久々の再会となった Cloudberry Jam と私。

天気は雨、早々に仕事を切り上げるも、山手線は人身事故の影響で徐行運転。
表参道に着けば、雨脚は強まるばかり。
傘は持っていない。
早く会いたいから…。
コートを傘代わりに、雨の通りを小走りに進み、少し迷いながら Velours に辿り着いた。

開演前のステージは、煌びやかな空間。
広すぎず狭すぎず、Cloudberry Jam のステージとしては程良い大きさだ。

真っ先に私に気づいてくれたのは、メンバーではなく、北欧らしい明るい服を着た Jennie の Baby。
早速、「はじめまして」と自己紹介。
綴りが長くて、なかなか覚えられなかったその名前。
どちらかと言えばお父さん似かな、むちむちしたその手まで愛らしい。

そうしているうちに、みんな気づいてくれた。
リハーサルの邪魔にならぬよう、距離を置いて接するも、みんな気さくに話しかけてくれる。
1年半ぶりだね、本当に嬉しい!

そうしてリハを終え、今度は開演を待つ。
久々にジェニ部のメンバーや、ライブの度に会う懐かしい顔ぶれ。
この瞬間がたまらなく嬉しい。

元々は知らない人たちだったのに、Cloudberry Jam の音楽やサイトを通じて、メッセージのやりとりをしたり、結婚式にお呼ばれされたりしている不思議な縁。
Cloudberry Jam は、音楽以外にも沢山の大切なものを与えてくれた。

そして、開場。
ソファーに座り、ビールを飲みながら、前日のラジオや私たちの近況について語り合う。

開演予定時刻の20分前には、ステージ付近が埋まってきた。
私たちも腰を上げ、これから始まる久々のライブに備える。
そして予定時刻から20分ほど経って、Cloudberry Jam がステージに現れた。

Konbanha!
Genkidesuka?
(●思い出せず)
スウェディッシュスタイルでは、美しい服、スウェーデンのブランド、スウェディッシュフレンド、ジャパニーズフレンド(●思い出せず)
そう、パーカッションをプレイしてくれる日本の友達を紹介するわ、サニー

と言うと、「Let the man」が始まった。
そしてそのまま「My ever changing moods」へ

Thank you

今の曲は、Paul Weller が在籍していた Style Council の曲よ、素晴らしいバンドだわ。
これから、昔の曲をプレイするわ「Cliches」

Thank you.

サウンドエンジニアさん、今から喋るから、私の声を拾ってくれない?
(●思い出せず)
pam,pam,pam,pam,pam,pam,pam
ダウンプリーズ
pam,pam,pam,pam,pam,pam,pam
なんか、母親が子供をあやしてるみたいね(笑
pam,pam,pam,pam,pam,pam,pam
(●思い出せず)
次の曲はシングルの「I take you where you wanna go」

Thank you.

「Summer breeze」

Thank you.

これから「No one else to be」と言う曲をプレイするわ

Thank you.

(●思い出せず)

3回だよ(●ちょっと怪しい)

そうそう、3回だったわね。
(●思い出せず、長いMC)
「I sit a while considering」と言う曲よ

Thank you.

Thank you.
「Your love」

Tack sa mycket!

実は今回、Jorgen がはじめてベースをプレイしているの。

ここで大きな拍手がわき起こる

ちょっとナーバスだったんだ、ありがとう。

(●思い出せず)
次は新しく作った「Mesmerized」と言う曲よ。

今から、ダンシングシューズを履くといいわよ。
(●思い出せず)スウェーデンの学校では、体育の授業で●●のダンスを教わるの。
そう、これからその●●をプレイするわ。

と言い、ワルツ調のアレンジを施した「Elevator」を披露した。

Tack sa mycket!

Arigato

「So happy」

Thank you.

Thank you.
次の曲が最後の曲よ。

と言うと、会場から「え~」と大きな悲鳴が響き渡る。
すると Jennie は笑顔で

その響き、大好きよ!
Sugoine!(すごいね!)
次の曲は、「Radio」

Thank you.

Arigato Gozaimasu.
金曜日、タワーレコードで会おうね!

と、ライブが終わった。

その後は、スウェディッシュスタイル東京 2006のフェアウェル・パーティへと様変わり。

オーディエンスが会場を後にする代わりに、スウェディッシュスタイルの関係者が続々登場。
Velours の雰囲気と相まって、ここが日本だとは想像もできないような空間になった。

そして、ライブ後のクライマックスはこの瞬間。
0時を目前に、「10、9、8、7…」とカウントダウンし、「Happy Birthday!」
11月16日が誕生日の Henrik を盛大に祝ったのでした。

Set List

  1. Let the man
  2. My ever changing moods
  3. Cliches
  4. I take you where you wanna go
  5. Summer breeze
  6. No one else to blame
  7. I sit a while considering
  8. Your love
  9. Mesmerized
  10. Elevator
  11. So happy
  12. Radio
THE GREAT ESCAPE
Cloudberry Jam
handcuts Records (2005-04-20)
Sponsored Links
336_280