Cloudberry Jam Live at 渋谷クアトロ 2005.07.25

iTunes

開場直前、列をなすオーディエンスは僅か20名程度。
平日という事もあって、多数の観客は期待できないか!?と思ったが、ふたを開けてみれば約150人にまで膨れあがった。
解散前からの東京のファンにとって、渋谷クアトロでのライブがどれだけ待ちこがれたものか…
私は痛いほど分かるつもりだ。

まずは、The Arrows の演奏が始まる。
途中のMCで私が1年間抱いていた謎が解けた。

Cloudberry Jam との親交のきっかけは、Jorgen と Henrik が名古屋に遊びに行った時、宿泊予定の家で猫を飼っていた。
Henrik が猫アレルギーなので、急遽知り合いの家を当たったところ、The Arrows の竜二さん(Vo)宅に泊まる事になったらしい。

ちょっとディレイが効きすぎな気もしたが、これがなかなか正統派のバンドだ。
特に、私が The Arrows を知るきっかけになった「べっぴんシャドウ」と、「恋する摩天楼」は素晴らしかった。
帰り際には、私も CD 「東ファウンテン鉄道」を買ってしまいました。
メンバーの皆さん、素晴らしい演奏をありがとう!

Set List

  1. べっぴんシャドウ
  2. Natural Thanks
  3. アレキサンダー
  4. oh!ベイビー!!
  5. 恋する摩天楼

そして、機材のセッティングが済むと、Cloudberry Jam がステージに登場した。

konbanwa.
(●MC:聞き取れず)、みんなに会えて嬉しいわ、今日は楽しい時間を過ごしましょう!

私達は昨日、大阪で MEET THE WORLD BEAT に出演したの。
(●MC:聞き取れず)

そしてHenrik の軽妙なキーボードをきっかけに、「Radio」が始まった。

Ok, Twice as cool.

何年ぶりのプレイだろう?
大きな歓声が上がり、1st からの隠れた名曲「Twice as cool」が始まった。

thank you

と言い、「Nothing to declre」へ。
Robin の sax と Niklas の Trombone。
二人の切れの良いホーンセクションは、この曲の浮遊感のあるコーラスワークをより一層印象深いものにしている。

(●MC:聞き取れず)、「You and I」

そして、そのまま「Day after day」へ。

Thank you. 次の曲は…(喋ろうとした Henrik と言葉がかぶって)

何?話して!

Nihongo Hanashimasuka? (日本語話しますか?)

ここで、会場からどよめきが!

次の曲は Jorgen が、前回来日した後に作ったの。
(Jorgenに)2ヶ月前?1ヶ月前?(でも、Jorgenはギターのチューニングに夢中…)、チューニングと会話を同時にしてよ!

ギターのチューニングと会話は同時に出来ないよ、ごめんね

僕らは何だって出来るさ!(笑)

そう、何だって出来るのよ!(笑)
この曲は、大阪のライブの後に作ったの。そう言えば、ようやく東京に帰って来れたわね!
(●MC:聞き取れず)、「I will feel better」、(●MC:聞き取れず)

Eric が8ビートのバスドラムを踏み出し、「I will feel better」が始まる。
そして、その流れのまま「7 days a week」へ。
前回のライブから続いている、スリリングで Cool な展開だ。

そして、サポートメンバーがステージを後にする。

ねぇ、何かファンタスティックな事を言ってみてよ
何曲か、私達3人だけでプレイするわ。(●MC:聞き取れず)

と言い、Jorgen のカウントから、春の Claska でもプレイし大好評だった「Going furter」へ。
でも、ここは百人以上が集まったライブハウスだ。
Jorgen のカッティングは、アコースティックセットとは思えないほど、気合いが入っている。
演奏終了と同時に、大きな拍手がわき起こった。

そして涼しげな Henrik のキーボードが印象的な「Walking in my sleep」へ。
さらに、春のクラスカで私の一押しだった「Life in this way」をプレイ。
ポップな曲が目白押しのアルバム「Providing the atmosphere」では、比較的印象の薄いナンバーかも知れないが、
Jennie と Jorgenの掛け合いコーラスが美しく、アコースティックで聞くにはもってこいの素敵なアレンジだ。

サポートメンバーもステージに戻り、ここで一気に流れが変わる。
前作「Movin’ on up」最大のポップチューン「Your love」だ。
特に、ブレイクした後の切れの良い、Robin と Niklasのホーンセクションがたまらない。

演奏が終わり、暑がる Jorgen を見て Eric が BEER を差し出す。
先ほどのアコースティックセット中に、楽屋から持ってきた様だ。
相変わらずのいたずらっ子振りを発揮してます(笑
Jorgen が一口飲んだところで、オーディエンスからは「Ahhhh!」と言う声が。
「いけないんだー」と言う意味なのか、「熱いし、羨ましいなぁ…」と言う意味なのかは、その場にいた人間だけが知るところだ。

そして、ホーンがポップな「Sleeping the days away」しっとり目の「Summerbleeze」とニューアルバム「The great escape」からの曲を続けた後に、「The world through my eyes」へ。

Henrik の Keyboadソロに、定番のハンドクラップ、Martin の Bass ソロと見所満載で贅沢だ。
最後は、RobinのSaxソロで終わり、

Robin hanson.

と紹介した後に、勢いで「Another moment follows」へ。

thank you. 次の曲は最新作「The great escape」からの曲で、プロモーションビデオにもなってるの。
スウェーデンの島、●●で撮影をして、(●MC:聞き取れず)、私はピンクのスーツを着たの。
「Easy」と言う曲よ。

そして、ソウルフルなホーンとキーボードが印象的で、最も演奏難易度の高い「not ever」へ。

Thank you!

Arigato! (ありがとう!)

Thank you!

と、ステージを後にするも、すぐさまステージに戻ってきてくれます。

(●MC:聞き取れず)、Jorgen がチューニングをしてる間…(Eric がドラムスティックでカウントを始めようとする)
Eric、何をはじめようとしたの?

今すぐはじめたいんだよ(笑)

次は、「No matter why, No matter what」をプレイするわ

クールなこの曲の後には、Jennie と Jorgen のツインボーカルが春のライブで大好評だった「hey」が始まる。

Thank you.

Tack sa mycket.

Arigato Gozaimasu.

と言い残し、再度ステージを後にする。
鳴りやまない拍手に押され、再びステージへ舞い戻る彼ら。

Tack sa mycket.

Ohayogozaimasita, And(ロシア語で、スパシーパとか何とか…)Good-morning, Good-evening, Good-bye
もう一度、このステージでプレイする事が出来る嬉しさを、なんて伝えたらよいのか分からないわ。
(●MC:聞き取れず)(早口で全然分からなかった…)」

と言い、「Elevator」のキラキラした前奏が始まった。

thank you. thank you. 「Something are better left to be」 thank you very much!

そして、私のモストフェイバリット「Something are better left to be」が始まる。
「Palappa」の長いコーラスが終わり、「あぁ、ライブが終わってしまうんだな…」と少し寂しい気持ちが芽生えてきたその時だった。

演奏が終わったのに、Jorgenだけがギターのカッティングを続けている。
そのギターの音色に乗り、私達オーディエンスは「Palappa」を大合唱!
とびきりポップで輝いた終わり方だった。
これまでに観たどのライブより素晴らしいステージだったと断言できる。

彼らがステージを去った後も、私達は拍手をやめる事は無かった。
「もう一度出てきてくるんじゃないか…
そんな気持ちよりも、この素晴らしいステージを届けてくれた彼らへの感謝の気持ちだった。
会場には終演のアナウンスが鳴り響いた。
そして、2005年春夏の全てのライブが終わった。

Set List

  1. Radio
  2. Twice as cool
  3. Nothing to declare
  4. You and I
  5. Day after day
  6. I will feel better
  7. 7 days a week
  8. Going furter (Acoustic Set)
  9. Walking in my sleep (Acoustic Set)
  10. Life in this way (Acoustic Set)
  11. Your love
  12. Sleeping the days away
  13. Summerbleeze
  14. The world through my eyes
  15. Another moment follows
  16. Easy
  17. Not ever
  18. No matter why, No matter what (Encore1)
  19. Hey
  20. Elevator (Encore2)
  21. Something are better left to be
THE GREAT ESCAPE
Cloudberry Jam
handcuts Records (2005-04-20)
Sponsored Links
336_280
  • Pingback: 〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓()

  • >Jennie「Ohayogozaimasita,And(ロシア語で、スパシーパとか何とか…)Good-morning, Good-evening, Good-bye

    多分、Jennieは僕がいつものように舞台袖で写真撮っていると思って、そちらに向かって言ったんだけど、そのときは会場の一番後ろの方から撮っていたんだよね。でも、もちろん聞き取れたよ。
    「Спасибо,большое(スパスィーバ・バリショーエ;どうもありがとう)」って。後でJennieに「聞こえてた?」って尋ねられました。
    今回はいろいろ話も出来たし、思い出になることが多かったです。

  • >Jennie「Ohayogozaimasita,And(ロシア語で、スパシーパとか何とか…)Good-morning, Good-evening, Good-bye

    多分、Jennieは僕がいつものように舞台袖で写真撮っていると思って、そちらに向かって言ったんだけど、そのときは会場の一番後ろの方から撮っていたんだよね。でも、もちろん聞き取れたよ。
    「Спасибо,большое(スパスィーバ・バリショーエ;どうもありがとう)」って。後でJennieに「聞こえてた?」って尋ねられました。
    今回はいろいろ話も出来たし、思い出になることが多かったです。