2005.07.24 MEET THE WORLD BEAT

iTunes

前日の土曜日から大阪入りして観光を楽しむ事に決めた私達(Yah、Sizuhikoさん、Hamayu、Rie)
心斎橋の PARCO(クアトロが入っているビル)で待ち合わせました。

1F のスタバでお茶をしていると、Hamayu が慌てた様子で私の腕を引っ張ります。
引きずられて登りのエスカレーターまで行くと、なんと Cloudberry Jam メンバー達の後ろ姿が!
私が「Henrik〜!」と大きな声で呼ぶと、メンバー全員気がついてくれた様子です。

その後15分位して、待ち合わせをした全員が揃い、私達もエスカレーターを登ると、LOFT で買い物中のメンバー発見!
そこにいたのは、Jennie、Jorgen、Henrik、Eric・Martinでした。
あまりに偶然にビックリしつつ、会話をしていくと MEET THE WORLD BEAT 2005 のサウンドチェックが終わり、ショッピングをしてたのだと言う。

私達は5人だけど、チケットは4人分しか取れなかった事などを話すと、「何とかしてみるよ、連絡するね」と言ってくれた Jorgen。
結果的にはゲストリストの登録期限が過ぎていて願いは叶わなかったけど、相変わらず優しい彼らを感じた瞬間でした。

翌日は、朝から灼熱の太陽が照りつける真夏日。
10時過ぎには万博記念公園に到着し、長蛇の列の中程で会場へと案内されるのを待ちわびます。

12時近くなって、ステージのあるもみじ川芝生広場へと到着し、大きなステージにほど近い右側に席を確保。
「これで安心して見れるねぇ…(笑)」なんて、安堵。
そして、ライブが始まった。

大きなステージでは、これから演奏するアーティスト達の名前が次々と呼ばれる。
呼ばれる、呼ばれる、呼ばれない。
Cloudberry Jam が呼ばれないのだ!
理由も分からないまま時が過ぎ、まずは、Def tech が3曲プレイ。

その途中で、ふと気がついた。
大きなステージの左側、私達からは遠く離れた場所に小さなステージがある。
「もしかして、小さいステージですか…!?こんな良い場所押さえたのに!」

念のため、確認してみるとやはり小さなステージらしい。
次の nobodyknows+ が演奏中に偵察部隊を結成し、前方で見られるか確認し、万全の態勢で大移動。

その後、BEAT CRUSADERS が小さなステージで演奏し、氣志團が大きなステージで演奏している最中に
Cloudberry Jam が姿を現した。

サウンドチェックをしながら、Henrik や Martin がステージ上から私達をデジカメで撮影してくれた。
Jennie は、夏っぽい白地に赤い花柄のワンピに、木製で大振りのネックレス、ティアドロップ型のサングラスと言う出で立ちだ。

そして、氣志團の演奏が終わり、ついに Cloudberry Jam の出番だ!

Konnichiwa, Osaka! Moukarimakka?(もうかりまっか?)

の挨拶に、オーディエンスが「ぼちぼちでんな!」と答えたところで、Eric が3カウント数える。
とびきりポップな「Radio」で幕を開けた。

ありがとう。ニューアルバム「The great escape」からの曲「Radio」の次は、この曲をプレイするわ「Nothing to declare」

小さなステージの前で Cloudberry Jam に声援を送っていたのは、15〜20名くらいだろうか?
「Nothing to declare」の一言に、大きな歓声が響き渡った。
この春のライブから、ホーンセクションのアレンジがより切れの良いものに変わっていて、見応えがある。
もちろん、美しい3声のコーラスも見逃せない。

ありがとう。●聞き取れず、Dancing shoes がうんぬん…。「Your love」

と言い、「Your love」が始まり、あっという間に終わった…
持ち時間の都合だろうか?見せ場の一つでもあるはずの、長い長い間奏がバッサリと割愛されている(泣

そのまま「Easy」をプレイし、間にMCを挟む事なく「Elevator」
「Elevator」も、ライブでは長い間奏をみんなでジャンプしながら、一体感を醸成するのが楽しいのだが、ここも割愛。

Thank you very much

Bye Bye

Doumo arigatou Gozaimasu! Matane!(どうもありがとうございます!またね!)

と言い、Eric がスティックを会場に大きく放り投げた。
Eric が描いた放物線が見えなくなった頃、私達の MEET THE WORLD BEAT 2005 は終わった。

最後まで見ることなく(Jackson vibe まではいたかな?)会場を後にした私達。
駅でばったりサポートメンバー(Eric、Robin、Niklas)とご対面。
心斎橋でショッピングを楽しむらしい彼らと同じ電車で話しながら、東京へと向かうのだった。

Def Tech

  1. My Way
  2. High on Life
  3. KONOMAMA

nobodyknows+

  1. 以来絶頂〜ココロオドル
  2. SUMMER
  3. ススミダス→
  4. エル・ミラドール 〜展望台の唄〜
  5. シアワセナラテヲタタコウ

BEAT CURUSADERS

  1. HIT IN THE USA
  2. ISOLATIONS
  3. I CAN SEE CLEARLY NOW
  4. FEEL

氣志團

  1. One Night Carnival
  2. スウィンギン・ニッポン
  3. 恋人
  4. 夢見る頃を過ぎても
  5. 俺達には土曜日しかない

Cloudberry Jam

  1. radio
  2. Nothing to declare
  3. Your love
  4. Easy
  5. Elevator

THE PREDATORS

  1. Last Hunting
  2. 爆音ドロップ
  3. Recall me
  4. sleepy Dragon
  5. ムスタングヒッピー
  6. Breed
  7. Molly’s Lips
  8. Dizzy Life
  9. Lizard man

スガシカオ

  1. 黄金の月
  2. 奇跡
  3. 夏陰

THE HIGH-LOWS

  1. ママミルク
  2. ズートロ
  3. 不死身のエレキマン
  4. サンダーロード
  5. 相談天国
  6. 青春
  7. ハスキー(欲望という名の戦車)

Jackson vibe

  1. 朝焼けの旅路
  2. さよならヒーロー
  3. Walk down a bridge

スキマスイッチ

  1. view
  2. ふれて未来を
  3. 雨待ち風
  4. 全力少年

矢井田瞳

  1. believe or doubt
  2. Creamed potatoes
  3. Ring my bell
  4. マーブル色の日
  5. Buzzstyle
  6. Look Back Again
  7. My Sweet Darlin’
  8. マワルソラ

真心ブラザーズ

  1. 人間はもう終わりだ!
  2. マイ・バック・ページ
  3. Dear,Summer Friend

CHEMISTRY

  1. Point of No Return
  2. So in Vain
  3. Every Breath You Take
  4. Change The World
  5. You Go Your Way
  6. Wings of Words
  7. キミがいる

LAST SESSION

  1. Lean On Me / Bill Withers
THE GREAT ESCAPE
Cloudberry Jam
handcuts Records (2005-04-20)
Sponsored Links
336_280
  • Pingback: LOOP THE LOOP〜映画・音楽の部屋〜()

  • arata

    氣志團は、大阪で人気絶大だね。おもろいパフォーマンスがCBJにも受けていたようで。ラストの全員オンステージ前にCBJメンバー達と会場脇からステージを見たんだけど、トリをつとめたケミストリーがカヴァー曲連発。ケミファンには悪いが、最高にヘタクソ。ろくに歌詞も覚えていないのに無理して歌っているEvery Breath You Take、Change The World、英語の発音も最低で、lとr、bとvの発音の違いも理解できていないレベル。「俺らはうまいんだ」みたいに、勘違いして格好つけて歌っているから余計にみっともなかった。

  • arata

    氣志團は、大阪で人気絶大だね。おもろいパフォーマンスがCBJにも受けていたようで。ラストの全員オンステージ前にCBJメンバー達と会場脇からステージを見たんだけど、トリをつとめたケミストリーがカヴァー曲連発。ケミファンには悪いが、最高にヘタクソ。ろくに歌詞も覚えていないのに無理して歌っているEvery Breath You Take、Change The World、英語の発音も最低で、lとr、bとvの発音の違いも理解できていないレベル。「俺らはうまいんだ」みたいに、勘違いして格好つけて歌っているから余計にみっともなかった。

  • arata

    CBJメンバーと一緒に見ていて非常に恥ずかしかった。CBJの反応は微妙だったけど、あとでMartinと、あれは酷かったね。という話で盛り上がった。やめとけばいいのに、だれも下手だからやめておけって言わない(言えない?)のだろうか?はっきりいって、カヴァー曲が命取りになるんじゃないかと思う。あれで盛り上がるのだから、情けない。最近いい気になって外国曲をカヴァーする有名ミュージシャンが多いが、このレベルでは聴く方が恥ずかしいから、やめてくれ、と思う。こき下ろしてしまってすみません。でも、だれか何とかしてくれっていつも思います。とりあえず、ケミは歌詞を日本語オンリーにしてください。

  • arata

    CBJメンバーと一緒に見ていて非常に恥ずかしかった。CBJの反応は微妙だったけど、あとでMartinと、あれは酷かったね。という話で盛り上がった。やめとけばいいのに、だれも下手だからやめておけって言わない(言えない?)のだろうか?はっきりいって、カヴァー曲が命取りになるんじゃないかと思う。あれで盛り上がるのだから、情けない。最近いい気になって外国曲をカヴァーする有名ミュージシャンが多いが、このレベルでは聴く方が恥ずかしいから、やめてくれ、と思う。こき下ろしてしまってすみません。でも、だれか何とかしてくれっていつも思います。とりあえず、ケミは歌詞を日本語オンリーにしてください。