Cloudberry Jam Live at Club IKSPIARI 2005.05.29

iTunes

今年始めて聴くフルバンドのライブは、かき鳴らすシンバルとギターの音で幕を開けた。
ホーンセクションが小気味良い「Sleeping the days away」だ。
アコースティックセットとは違って音に厚みがあり、聴いていて胸が熱くなる。踊りたくなる。

昨日まではアコースティックライブだったから、実は今日がフルバンドでの最初のライブなの。
そして、去年はいなかった Niklas が、今日はここにいるわ。
(会場からは暖かい拍手と共に「おかえり〜」の声)
新曲を続けるんだけど、(●MC:聞き取れず)友達について歌った曲、You and I」

続けて雰囲気のある「My everything」「No matter why, no matter what」の2曲を演奏。

Eric が8ビートでバスドラムを踏む。
Henrik のハモンドが流れ込み、「I will feel better」のイントロが!
アコースティックセットで聴いたソウルフルな印象を残しつつ、実にロックだ。
Jennie のタンバリンも力強い。
そして、間髪入れずに「7 days a week」へ。

去年も聴いた、私が大好きな曲「Anoter moment follows」のイントロが流れた。
ロックとホーンの華麗な融合?う〜ん、この曲の素晴らしさは書き表すのが難しい。
Martin のベースもクールだ。

来てくれてありがとう。夏の間、確か8月かな?過去のPVを集めたDVDが出るの、知ってる?
(ここでhacchiが「Ofcourse」と言うと、Jennie が笑ってくれました。)
(●MC:聞き取れず)これからプレイする曲は、その中の1つ「Day after day」

(●MC:聞き取れず。Sizuhiko さんのマンUシャツについて言ってたはず)

Ok.「If you leave me now」

この曲を聴くと、曲間の難解なドラムフレーズが気になってしまう。
終わると、思わずEricに「頑張ったねっ!」って伝えたくなります。

そのまま、私の most favorite の1つ、「Something are better left to be」へ。
今年もフルバンドのライブでこの曲が聴けて、本当に嬉しく思います。

そして、ニューアルバム屈指のソウルフルチューン「Not ever」が始まる。
Jennie は途中で歌詞を完全に忘れたらしい。
それでもあれだけ堂々としてるのはステージセンスと言うか、度胸と言うか…
一端ブレイクし、Robin のサックスソロへ。
Robin のアグレッシブなサックスは、何度聞いても興奮する。

これからやる曲は、最新のビデオにもなっている」Easy」
みんなビデオ見てくれた?(みんなの反応を見る)じゃあやるね。

アルバム以上に、どことなくファニーな Henrik のキーボードが印象的だ。

hoo… 動き回って疲れたわ(水を飲む)」

僕は座ってるけどね(笑

そう言うのオヤジギャグって言うのよ!
次にプレイする曲は…(Jorgen がチューニング中なにの気がついて)oh! 静かにしなきゃ。
(●MC:聞き取れず。しかも違ってるかも)
昼間、幸運にもディズニーランドに入る機会があって、ミニーマウスと写真を撮ったの。
次にプレイする曲は「Nothing to declare」

盛り上がった勢いで、「Elevator」
去年とはホーンのアレンジが違いますね、切れが良いというか、あっさりしてると言うか…
これに関しては、去年の方が良かった気がします。
でも、間奏に入れば大盛り上がり。ファンは恒例のジャンプで答え、会場のボルテージはクライマックスに!
演奏を終え、ステージを後にするファン。
もちろん拍手は鳴りやまない…

みんな私の靴を見て!私、靴を脱ぐわ。
この靴ステキなんだけど、動けなくって…(と、ソールの高いサンダルを脱ぐ)
全てのプライドを捨てて靴を脱ぐわ(笑)、(ソールの分だけ低くなったので、マイクスタンドを下げる)みんな笑うかしら。
「Hey (I’m not afraid)」をやるね

ポップなブラスが魅力的で、大好きな曲なんですが、なんと1パート毎に Jennie と Jorgen がリードボーカルをとってる!
しかも、曲が終わって1拍空けてオマケフレーズまでついてます。

更に「The world through my eyes」「Your love」とヒットチューンを連発!
しかも、「Your love」は、サビのメロディをエンドレスかの勢いで繰り返すので、私達はジャンプしっぱなし。
こんな盛り上げ方って、反則です!(笑

再度ステージを後にするも、鳴りやまない拍手に押され、メンバー3人が再登場。

みんなの中で、昨日の Claska でのライブを観てくれた人もいると思うんだけど、その中の曲をやるわ、「Summerbreeze」

ニューアルバムでやれる曲は全部やっちゃったよ。
(次にプレイするつもりの曲の出だしのコードを弾く)
だから1stアルバムからの曲を…(ここで、Hacchiを見る)
君は聴いたよね?オーディエンスに曲を紹介してくれない?

hacchiが「Walking in my sleep」と言うと、続けて Jorgen が

「Yah, Walking in my sleep」

そして続けて「Radio」をプレイしステージを後にするメンバー。
沢山の拍手が鳴り続けるも、無情にも閉場のアナウンスが…

ライブ後は、レコード会社とメンバーのご厚意でサイン会が催されました。
私達はいつものごとく最後尾に並ぼうとするのですが、なんと会場に Can’no ちゃんが!
思えば、去年のDuo Music ExchangeCloudberry Jam のオープニングアクトを務めた彼女、1年ぶりの再会に何を感じたんでしょうね?
まさかこんな所で会うとは思いもしなかったので、本当に嬉しかったです!

レコーディングも順調で、8月17日にはミニアルバム「Hikari」をリリースするのだとか…
この後は、Mariah Carey安室奈美恵が出演した MTV のライブを観に行くと会場を後にしました。
来年の今頃には、観る側じゃなくて、出る側に変わっちゃってるかも知れないですね。

そして長い長い列を待ち、ライブ後のメンバーとの再会。
今回のCD「The Great Escape」にサインを貰ってなかったので、ここにサインを貰います。
昨夜の Claska 程ではないものの、メンバー3人と会話をする時間が持てて嬉しかった。
「ニューアルバムの中で一番好きな曲は何?」とか、「日本未発表曲の話」とか、Henrik の日本語が去年よりパワーアップしてるとか…

ちょうどその時、花火の音が聞こえた。ディズニーランドから吹く Summer Breeze にのって…

今回カメラマンとして参加しているジェニ部撮影班?の Arata 撮影によるメンバーとの記念写真を最後に会場を後にする。
そして、ジェニ部は IKSPIARI 内にて食事をして、余韻に浸るのだった。

Set List

  1. Sleeping the days away
  2. You and I
  3. My everything
  4. No matter why, no matter what
  5. I will feel better
  6. 7 days a week
  7. Anoter moment follows
  8. Day after day
  9. If you leave me now
  10. Something are better left to be
  11. Not ever
  12. Easy
  13. Nothing to declare
  14. Elevator
  15. Hey I’m not afraid
  16. The world through my eyes
  17. Your love
  18. Summerbreeze
  19. Walking in my sleep
  20. Radio
THE GREAT ESCAPE
Cloudberry Jam
handcuts Records (2005-04-20)
Sponsored Links
336_280