Cloudberry Jam Live at Blue Note 大阪 2004.06.25

iTunes

2004年6月25日 大阪Blue Note 1st

いよいよ最後の都市、大阪。
1st は、私と Hamayu の2人での参加だ。
7年ほど前からネット上でお付き合いしてたのに、一度も会った事がなかった Hamayu と新大阪の駅で待ち合わせし、会場側のスタバへ退避(とにかくこの日は暑かった…)

軽く避暑をした後、会場へと移動。
この日、リハーサルを見せて頂く約束をしていた私は Hamayu を連れて中へと入る。
何故か店の人が一切おらず、設営をしているスタッフの方に「どうぞおかけ下さい」と勧められ、ステージ中央、奥の席に座り、その光景を眺める(と言うか、ノリノリになる)

短いリハーサルだったのですが、その中で印象に残った事が2つあって、
1つは、リハーサルで聴いた事のない曲を演奏し、メンバー全員が子供のお遊戯みたいな踊りを始めた事です。
不思議そうに見ていると、ステージにいる Jennie が、

スウェーデンの有名な童謡だ」と教えてくれました。

「クラリネット壊しちゃった」にも聞こえたのですが、あれはフランスの童謡だし、実際の所はどうなんでしょう…

もう1つは、Jennie が

oo-la-to-to-too

とアカペラで歌い出した事です。
これは言うまでもなく、名曲「Cliches」の歌い出しで、もしや今日のライブでっ!と期待したのですが、終わってみれば演奏しなかったですね。

その後、ホテルへのチェックインなど、幾つかの用事を済ませ、再び会場へ行き、入場時間を待つ。
そこへ 2nd から参加の Sizuhiko さんが入場券を貰いに登場。
3人でこれまでのライブについて話をしながら、1st の入場時間を待った。

そして開演。ここまで来るとセットリストに大幅な変更はない。
オーディエンスが求めてるものを完全に理解しきった曲順になっている。(6月19日の福岡と全く同じ)

Set List

  1. no matter why, no matter what
  2. you are not alone
  3. somothing are better left to be
  4. your love
  5. come back and stay
  6. roll the dice
  7. when tomorrow comes
  8. anoter moment follows
  9. can I stay
  10. ain’t gonna
  11. the world through my eyes
  12. simple sweet mistake
  13. nothing to declare
  14. people are starting to care
  15. wandering, wondering
  16. elevator
  17. if you leave me now

2004年6月25日 大阪Blue Note 2nd

1stから参加の私と Hamayu に Sizuhiko さんを加え、3人で参加。
どの都市でも共通して言える事ですが、2nd の方が年齢層が若くて、何故かノリノリになります。
余談ですが、Blue Note で唯一、メニューが豊富で美味しかったのがここ大阪でした。

NEWS

3曲目の「Another moment follows」を歌い上げた Jennie は、「Moukatte Makka?(もうかってまっか?)」と、大阪ならではの MC を披露。

10曲目「You are not alone」を歌う前に、(良く聞き取れなかったのですが)

今日はスウェーデンでは夏至祭で…

と言う MC があった。
日照時間の一番長い夏至(Mid summer)と、スウェーデンでの夏の太陽の儚さを歌った「You are not alone」を掛けた知的で詩的な MC です。

夏至祭とは
スウェーデンの伝統的行事で、冬が終わり、夏の訪れと太陽の恵みを感謝するお祭り。
1年で一番昼が長い6月の25日前後に行われる。
白樺の木で作った「マイストング(夏至柱)」を立上げ、民族衣装に身を包み、フォークダンスを踊ったりする。

アンコールでは、Jennie が

考えたんだけど、みんな食事は済んだよね?一緒に立ち上がって踊らない?

とオーディエンスを盛り上げ、スタンディングで大盛り上がりとなりました!

今回のライブで恒例となっているメンバー紹介(people are starting to care曲間)では、
Eric が紹介されない!と言う、思わず笑ってしまうアクシデント発生!
Jennie の慌てぶりと、Eric の拗ねた顔がまた愛らしかったりします。

その、「People are starting to care」の演奏を終え、ステージを後にしようとするも、あまりの歓声の大きさに Jorgen が、再度ギターを手に取り同曲のリフを奏でる。
すると、メンバー全員が楽器を手にし、もう1コーラス演奏すると言う嬉しいアンコールとなった。

ライブ終了後は、Sizuhiko さんとホテルに戻りビール片手に反省会。
話す事と言えば、やはり Cloudberry Jam の事ばかり、話は尽きる事なく…

Set List

  1. day after day
  2. nothing to declare
  3. anoter moment follows
  4. the world through my eyes
  5. my everything
  6. no matter why, no matter what
  7. when tomorrow comes
  8. your love
  9. everything you are
  10. you are not alone
  11. if you leave me now
  12. do what I wanna do
  13. somothing are better left to be
  14. elevator
  15. simple sweet mistake
  16. this & that
  17. people are starting to care
movin' on up
Cloudberry Jam
handcuts Records (2004-05-26)
Sponsored Links
336_280
336_280

Follow

Sponsored Links
336_280