Jennie Medin In Store Live at Tower Record 難波店 2003.05.09

iTunes

AM2時まで渋谷でライブを行っていた為、眠そうでした。
朝は6時半起床で新幹線に乗ったそうです(Jorgen 談)

歌う前に

これから4〜5曲、うーん多分6曲かな、歌うわ。
でも、分からない、みんな次第かな…(笑

と言い、演奏に入る。

久しぶりの日本は?

久しぶりだけど、楽しんでるわ。
とは言っても、主に仕事なんだけどね。
ただ前回訪れたときにできた友達と会ったり、前に来た想い出の場所に行ったりね。

この5年間何してたの?

勉強の好きな方がいるかわからないけど、勉強をしてたの。
大学に戻って修士課程を終えて、博士課程に進んで今も勉強中なの。
その合間に、友達と遊びなんだけど Phone というバンドを組んで、お酒が入って気が向けば演奏したり、ライブも1〜2本やったわ。
2年前に Jorgen と音楽活動を本格的にやるようになって、このアルバムを作り始めたの。

このアルバムに込めた思いは?

できたものを振り返ったときに思ったことなんだけど、
今回は自分で(ソロとして)作った音楽だから、「私がこう言う風に世の中を見てるのよ」
って言うのを上手く表現できたアルバムになったと思うわ。

活動を再開しようと言ったのは Jennie? Jorgen?

私達は、スウェーデンでは5番目に大きな街(Linkoping)で
まぁ、日本ほどは大きくないけど…
Linkoping で、同じような事に関心を持ってる仲間なの。
そういう仲間が集まるニューイヤーパーティでお酒の入った Jorgen が言ったの。
「Jennie は才能があるのに歌わないなんてもったいない。レイジーだね!」って…
うちに帰ってからくやしくて「mmm…私をレイジーと呼ぶやつがいるか!(笑)」と思って
曲を作りはじめて、できたものをお互いに聴かせあってアルバムを作ったの。
だから、Jorgen が私にケリを入れたって事になるかな。

「Nothing to declare」演奏の前に

日本に来るにあたって、Cloudberry Jam の曲を知ってるファンもいると思って、1曲演ろうと考えてきたの、Nothing to declare。

「Unbreakable」演奏の前に

アルバムの最後の曲を歌うわ。多分、今日最後の曲になるかな、Unbreakable。

アンコール

あまり盛り上がらなかった大阪では、アンコールの手拍子が起こらず、
スタッフが「アンコールは?」と促す。(なにか喋っていたが、聞き取れず)

「新曲をテストさせて、みんなは知らない曲よ。(私を指差して)多分、あなたは知ってるかな?」

と、「My everything」をプレイ。
「Jennie が私を覚えてくれてる〜!」と言う事実に感動した瞬間でした。

Set List

  1. You are not alone
  2. The world through my eyes
  3. Nothing to declare
  4. You keep telling me
  5. Unbreakable
  6. My everything(未発表)
Sponsored Links
336_280