Jennie Medin Live at Shibuya Planet 3rd 2003.05.08

iTunes

この日のイベントは、渋谷の Planet 3rd(現在は閉店)
ちょっと、いや、かなりオシャレなカフェバーでした。

24時からかなり遅い入場開始時間でしたので、仕事を終えてから待ち合わせ。
前日初対面を果たした北海道からカポウと渋谷駅で待ち合わせ、道玄坂付近のアイリッシュ・パブで1杯。
そして、初日から一緒の yah とも合流し、23時半頃にはお店の前へ。

「あ〜、運良く入れたりとかしないだろうか?」なんて都合の良いポジティブさで
覗き込んでみたら、スタッフの方が「待ってましたよ、どうぞ!」と、スタッフしかいないお店のドアを開けてくれる!

この日の Jennie の衣装は、新宿と同じベストの中に白のストールらしいものをしていて、
ベストの下からちょうどエプロンしたような感じで出していました。
メイドさんの白いエプロンのような感じです。
フレアで、シルバーのロングスカートで中にお姫様みたいなぺチコートを履いていました。

Before Open

店内に足を踏み入れると、中央のテーブルには Jennie と Jorgen がなにやら話し合ってる様子。
そして、その彼等と目が合った瞬間

「hi! 待ってたのよ、座って」

と彼等の目の前の席を指す Jennie。
「え〜、あなたの目の前の席に座っても良いんですか〜!」と心の中で叫びながら握手を交わし、着席。
どうやら本日のソングリストについて話し合ってたようで、私は Jorgen に
「Can I listen "I just wanted you to know" ?」と、拙い英語で聞いてみた。

「あー、それは練習してないからやらないよ」

的な発言、残念…
ちなみに、下の写真は Jorgen が書いたソングリスト。
実際に演奏した曲とは違ったり、一部スウェーデン語で書いてあったり、うーんレア!


Conversation

2人とも、とにかく気さくで、特にJorgenは(会社帰りスーツで出かけた私に)

「おー、カッコイイシャツだねぇ(New Style ?)」

とか積極的に話し掛けてくれる。
その間、サインをもらったり、一緒に写真を撮ったりファン冥利に尽きる瞬間を体験。
「学生の頃、ギター弾いてたんだよ。voだったんだけどさ、レスポール持ってるんだ。」などと話しかけると

「何やってたの?ロック?」

とかなんとか。
ただ、話してくれる事の半分しか理解できない自分には、若干の苛立ちも感じました。
(心の中で)「次回の来日までにはベラベラになるよ、Jorgen さん」と誓いつつ…
Jennie には、原宿アストロホールのチケットにサインを貰う事ができたのが嬉しい!
この瞬間から、このチケットはライブハウスへ入る為のものではなくなりました。

隣のテーブルには、サポートメンバーの Henrik, Martin, Ericも。
なんとなく親しみを覚える Martin には「ヒゲ触らしてくれよ!」とか言いたいけど、お口チャック。
サインを貰うのもすっかり忘れて、談笑そして一緒に写真撮影…
Henrik には、アストロホールのパンフにサインを貰った。
(後になって、「あ〜!チケットに書いてもらえば良かったじゃん!」と思うも後の祭り)

そうこうしているうちに、他のお客さんも入場。
24時から25時は DJ LAVA がプレイ。
その間集まった CBJ ファンは関係者含めて60〜70人くらいだったでしょうか?
メンバーとの会話を楽しんだり、ファン同士の交流を深めたり有意義な時間を過ごします。

Jorgen や私たちはハイネケンを飲みながら、Jennie は Coffee だったのかな?
そう、彼等の演奏を心から待ちわびながら…

DJ LAVA の演奏が終わり、予定時間を少し過ぎた頃、テーブルでファンやメンバー同士で談笑していた彼等が立ち上がる。
演奏前はお酒を控えていた Jennie、いつも笑顔の Martin
飲み過ぎてトイレの近い Jorgen(笑

アコースティックセットですので、Henrik と Eric は出番なし。
私達オーディエンス同様テーブルで、リスナーとして演奏を楽しみます。

Start

アストロホールでのライブ同様「Some might say」のフレーズから「You are not alone」へ

「thank you」

の一言に続き「Unbreakable」と「Next life time」をプレイ。

Cloudberry Jam の曲を聴きたくて来てくれた人もいるのかな?
この曲をプレイするわ、「Nothing to declare」



やっぱり、みんなこの曲が大好きなんですね。演奏後は大きな拍手が!
続いて「The world through my eyes」をプレイ

「すごーい!Beatiful Rhythm Section !」

と、納得の行く演奏ができた様子。そして、

今日は友達が来てるの、元気だった?

と言い、次の曲「You keep telling me」へ

次のアルバムに収録予定の新曲を歌うわ。「My everything」

この曲の切ない歌声や、Jorgen のコーラス。
そしてギターのコード進行、演奏…全てが大好きです。

thank you.次に演奏する曲は「Everything you are」

と、Cloudberry Jam 時代の曲をプレイ

Thank you very much for coming here tonight

しかし、ファンからの沢山の拍手を聞き、すぐにステージに戻り

「(聞き取れず)、thank you(聞き取れず)」
もう1曲だけ歌うわ「Can’t I stay」

と言い、最後にもう1曲プレイし、ステージを後にした。

Set List

  1. You are not alone
  2. Unbreakable
  3. Next lifetime
  4. Nothing to declare
  5. The world through my eyes
  6. You keep telling me
  7. My everything(未発表)
  8. Everythign you are
  9. Can’t I stay(未発表)

After Live

お店のイキな計らいで Cloudberry Jam にちなんだ本日だけのスペシャル。
「ベリー & ベリー・ジャム・フレンチトースト」がメニューに並びました。


演奏後の彼等は、ファンやスタッフとの会話を楽しむ為、思い思いのテーブルへ。
いろんな事を話し、聞き、楽しむ事ができましたが事の順序を記憶してないので、
私たちが得た情報を箇条書きでお伝えします。

秋の予定

11月に8〜9日間ほど来日。
うち、多分4日間は原宿アストロホールでプレイ。あとは多分東京以外。(Jorgen)

Jennieのダンナさん

Jennie と Jorgenは結婚していない。
Jennie の旦那は Jonas で、CBJ とは関係ないんだ。みんな勘違いしてるんだよ。(Henrik)

Jorgen と Jonasを聞き誤ったのが、事の真相の様です。
Jonas がどんな方なのかは、名古屋の Live Report をご覧下さい。

THE FREQUENCY BENDERS

2nd アルバムリリースの予定あり!(ハピネスレコード:田中さん)

26時半頃、Jennie と Jorgen が先に去る。
Henrik はファンや、スタッフ、関係者達との会話をいつまでも楽しんでいました。

27時頃かな?私達も Planet 3rd を後にします。
私と行動を共にした Sizuhiko さんはタクシーで帰宅。
yah、たかひろ氏、4416氏は渋谷の漫画喫茶で就寝。

翌日、大阪へ発つ私は、ホテルで就寝。
ちなみにホテルの名前は「アストロ」
原宿のライブハウスと同名称でした(笑

The World Through My Eyes
Jennie Medin
トイズファクトリー (2003-04-23)
Sponsored Links
336_280