Jennie Medin In Store Live at 新宿 HMV 2003.05.06

iTunes

J-WAVE の VIVA! ACCESS 出演終了後、新宿 HMV に登場。
Jennie と Jorgen と、髭の男性(後にベースの Martin と判明)が姿を現します。

スタートの1時間程前にリハーサルを開始。
緊張で記憶が定かではありませんが「your not alone」と「Nothing to declare」の2曲で音合わせをしていたと思います。

リハーサルを済ませた彼等は、店内で CD を物色するなどリラックスした雰囲気でした。
私は逆に緊張しっぱなしだったんですけど。
だって、こんなに側で Jennie を見たのは初めてでしたから…

Jennie のファッションは、べージュにペールブルーのストライプが入ったベスト。
首には茶色のストール、トップスと同系統の色彩なフレアスカート。
黒のサンダル(足首にストラップがあるやつ)。

ソロアルバムのジャケ写で感じる気丈なイメージとは違った、優しい雰囲気を持った方で、身長は170弱。小さなお顔にブルーの瞳が愛らしい素敵な女性です。
また、インストアライブの前後は分かりませんが、読売新聞等のインタビューを受けた様です。(2003年5月21日の夕刊に掲載)

イベント開始前に撮影したステージ。
2つ見えるフェンダーのアンプは1個14,000円程のもので、Toys Factory が用意した物の様です。
リハーサル終了後、置きっぱなしになってた Jorgen のリッケンバッカー
う〜ん、カッコイイっす!

インストアライブ開始

最前列でライブが見たかった私は、リハーサル終了後もステージ前でドキドキしながらその時を待ちます。
そうしてる間に、数名の方から「hacchi さんですか?」と声を掛けていただきました。
予め、この日の格好を掲示板に書き込んでおいたからなんですが、長く感じる待ち時間、心強い味方が出来た気分です。

そして、インストアライブ開始。
以下は、司会者(Toys Factory の秋岡さん)と Jennie が交わしたやりとりとプレイリストです。

久しぶりの日本の印象は?

そんなに変わってないんじゃないかな。
昨日来たばかりで、まだあんまり見てないし、口の回りも含めて時差ぼけ状態なんだ。
新しいビルが幾つか増えたのかな?
印象は前と変わらないわ、日本はいつも楽しいの。

※200万人の来場を記録した六本木ヒルズに驚いたようです。(スウェーデンの人口は900万人)

Cloudberry Jam 解散後は何をしてたの?

「5年間何してたの?って聞かれると私が何か大事な事でも隠しているみたいだけど、
Cloudberry Jam 解散後は大学で社会衛生学を勉強していたの。
既に4年間の過程を終えて、PhD (博士課程)を専攻しているわ。
音楽活動は Phone と言うパンクバンドをやってたの。
学校生活は忙しかったけど、音楽活動は忙しくなかったな…
で、2年位前かな? Jorgen と曲を作り始めたの。」

アルバムに込めた思いは?

アルバムを作ろうと思って始めた訳ではないの。
Jorgenと一緒に曲を幾つか作ってみようか!ってノリで始めたから、全体像は考えてなかったな。
でも、今になって思えば、一つ一つの曲で自分なりに言いたい事があったんだって思うわ。
ここで一つ一つ具体的な事は言わないけど…
みんなが聴いて、私が言いたかった事を感じるかどうか?感じ方は色々だと思うしね。
ただ、非常にパーソナルな作品だとは思うわ。

アストロホールでのライブについて

エネルギッシュで楽しいものになると思うわ。
5人で演奏するのは今回が初めてだし、私たちにとっても、ある意味プレミアかもね。

帰国後(このアルバムの次)は何をするの

次のアルバムを作っていて、秋には出したいなと思ってるの。
要するに音楽を続けていくってことね。

アンコールがあれば…(司会者)

なんて言葉を聞いちゃったものですから、遠慮なくリクエストしちゃいました。
「Next lifetime」
私のリクエストで Jennie が歌ってくれるなんて、信じられません!

Set List

  1. Too good (too good to be true)
  2. The world through my eyes
  3. You are not alone
  4. Nothing to declare
  5. You keep telling me
  6. Next lifetime

この日の出来事

sizuhiko さん、yah、4416くんに声を掛けていただき、知り合いになれた。
私の余っていたチケットをどなたかに差し上げた。

CD のジャケットにサインをして貰った際、「Cloudberry Jam のファンサイトをやってるんだー」って言ったら「Thank you」と、こんなことを書いてくれた。

Thank you for my website!

最高の気分のまま、sizuhikoさん・yahと飲みに出かけた。

The World Through My Eyes
Jennie Medin
トイズファクトリー (2003-04-23)
Sponsored Links
336_280