クラウドベリーとは

iTunes

学名 Rubus chamaemorus (バラ科)

スウェーデンより、フィンランド産が有名で、フィンランド語では Lakka と呼ぶ。
日本語ではクラウドベリーまたはホロムイイチゴと呼ぶ。
ホロムイイチゴ(幌向苺)の名は、北海道の岩見沢市近郊の、幌向と言う町ではじめて採取されたことからついた。
トゲがなく1つの茎に葉が2枚あり、花弁4〜5枚からなる純白の花をつける。

花いっぱい.com

スウェーデンを含む北欧の冬は、大体11月から4月まで。
長い冬の間、大地が雪で覆われてしまう為、秋のうちに必要な食料を蓄ええておくのが人間の英知です。

もっと簡単に確保できる森の食べ物は、ベリーです。
森にはきのこもありますが、ちょっとした専門知識が必要です。
毒きのこをとってしまったら、大変。ベリーなら、そんなに難しくありません。
種類もたくさんあります。取れる時期は少しずつずれています。

7月は苺、クラウドベリー(黄色)は8月。
北極圏のみに生息するクラウドベリーは、希少価値もあり、ベリー系では一番高級です。
同じく8月はブルーべリー(濃紺)、ラズベリー(赤)。
9月にはいると、リンゴンベリーです。
ちなみに、リンゴンベリーは苦々しく、加工せずに食べるのは難しいとのこと。

クラウドベリージャムの食べ方

スウェーデンがどのような形で北欧の食卓彩っているのでしょうか?

  • ジャムにする(言うまでもないですね!!)
  • ラップランドチーズ(トナカイのチーズ)に合わせる(チーズにジャムは世界共通の様です)
  • トナカイの肉の、付けあわせとして(癖があるので、臭い消しに使うようです)
  • ケーキやタルト、アイスなどのデザートに添える(聞いただけで美味しそうです)

キーボードの Henrik に聞いたところ、「ベルギーワッフルのトッピングに使うと最高!」とのこと。

Biography でも触れていますが、彼等のバンド名は行きつけの中華料理屋さんにあるデザートの名前から命名したもの。
バニラアイスの上に、クラウドベリージャムが掛かったそのデザート。
バンド名にしたくなるほど美味しいものだったのでしょうね…

Sponsored Links
336_280
336_280

シェアする

フォローする

Sponsored Links
336_280