Cloudberry Jam「when we were five」

iTunes


when we were five

2009年01月14日リリース
1991年の結成から18年が経過したCloudberry Jamが、ベストアルバムをリリースする。

ベストアルバムは解散した1998年にも「TIME TO MOVE ON」としてリリースしているが、既に廃盤で入手が困難になっていることがリリースのきっかけにもなっていると、メンバーのJorgenは話している。

解散前Quattro Labelに所属していた頃の曲だけで構成されていることから、when we were five (the Quattro years)と名付けられた本アルバムは、本作品は日本限定リリースとなる。

メンバー自身が日本のファンに人気のある曲を意識して選曲したほか、母国スウェーデンでリリースしたEPThe Art of Being Coolのみに収録されていた「hey baby」「c-song」、未発表曲「wish it all away」、母国で運営していたインディーズレーベルToodle tapes時代のデモトラック「4」を収録するなど、過去のアルバムを持っているファンにとっても興味深い内容になっている。

収録曲

DISC 1

  1. lost in syncopation (intro)
  2. day after day
  3. nothing to declare
  4. cliches
  5. walking in my sleep
  6. come back and stay
  7. this and that
  8. elevator
  9. I think you should know
  10. waiting for another day
  11. twice as cool
  12. another moment follows
  13. going further
  14. hold on
  15. connected

DISC 2

  1. out of control
  2. mondays back in town
  3. do what i wanna do
  4. hey baby
  5. dim dim dym dam
  6. somethings are better left to be
  7. wish it all away
  8. lovesong
  9. are you happy
  10. direction still unknown
  11. roll the dice
  12. c-song
  13. 4
  14. everything you are
  15. time to move on
Sponsored Links
336_280
336_280

シェアする

フォローする

Sponsored Links
336_280