Cloudberry Jam「TIME TO MOVE ON」

iTunes


TIME TO MOVE ON

1998.08.01リリース
過去にリリースしたアルバム・シングルCDからのセレクトに加えて、「Roll the dice」「Monday’s back in town」ライブバージョン及び、新曲「TIME TO MOVE ON」を収録したコンピレーションアルバムで、このアルバムのリリースをもって解散となった古くからのファンには印象深いアルバム。

アルバムタイトルにもなっている「Time to move on」は、Jennieがcloudberry jam脱退を決意した時に感じた事を、素直に綴ったポップソング。
それを決意するまでに、様々な心の葛藤があったであろう事を伺い知れる曲です。

彼らの曲にしては、かなりシンプルな構成になっており、「もっと気楽に音楽と向き合いたい」と言う気持ちなのかな…?と感じました。

「Ivy」はアルバム「THE IMPOSSIBLE SHUFFLE」の流れを継承するソウルソング。
そして93年のデモトラック「How I feel」(歌ってるのはJorgen)を収録したベスト盤的な構成。

僅か3枚のオリジナルアルバムで、これだけ音楽的成長を遂げたバンドは他にないのでは?
改めてCloudberry Jamとしての歴史、そして彼等の楽曲クオリティの高さや、ポップセンスの鋭さを感じました。

お薦めは、彼等のパフォーマーとしての資質の高さを証明する’98年3月心斎橋クラブクアトロでのライブ。
「Roll the dice」は、ボサノヴァ的アプローチが心地良い。ベースのフレーズがクールです。

「Monday’s back in town」はアルバム「Going Further」内でも推奨してますが、ライブでの伸びやかでソウルフルなボーカルは、とても素敵で、徐々にテンポを上げていくと言うライブならではの試みは、聴き手の心を高揚させます。

収録曲

  1. Time to move on
  2. Ivy
  3. Nothing to declare
  4. Day after day
  5. Do what I wanna do
  6. Going further
  7. Another moment follows
  8. Direction still unknown
  9. A song that keeps us sane
  10. Clishes, freds perfect mix
  11. Intermission (lost in syncopation)
  12. Peace & quiet
  13. Keep on wishing
  14. Out of control
  15. Walking in my sleep
  16. This & that (remix ’96)
  17. Elevator
  18. How I feel
  19. Roll the dice (live)
  20. Monday’s back in town (live)
Sponsored Links
336_280
336_280

シェアする

フォローする

Sponsored Links
336_280