Cloudberry Jam「PROVIDING THE ATMOSPHERE(雰囲気作り)」

iTunes


PROVIDING THE ATMOSPHERE

1996.03.20リリース
PROVIDING THE ATMOSPHERE(邦題:雰囲気づくり)と名付けられ、日本での大ブレイクを決定付けたCloudberry Jamの名盤中の名盤。
1日14時間のレコーディングで2ヵ月半も費やした力作。
私なんか、何百回聴いたか分かりません。

初めて聞いたとは思えない様な 懐かしさ、甘美なアコースティックギター、管楽器を上手く調和させたアレンジ。

ベースとドラムの両ペールがハマっている、スクラッチやヒップホップビートが艶やかに曲を彩る。
ソウルフルで、低音が魅力なジェニーの歌声とコーラスの繊細なハーモニー…
全てが上手く重なり合い、ポップでメローなグルーヴ感が漂っています。

14曲全てがオススメで、ジャケットまで美しいこのアルバムは、どれを挙げるか迷ったのですが、あえてこの2曲。
NOTHING TO DECLARE」は、3声のコーラスが甘く切なく。
カッティングギターに、マラカス、ブラスにハモンドオルガン。全ての演奏が心地良く。
「SOME THINGS ARE BETTER LEFT TO BE」はシンプルで味わい深い曲です。

収録曲

  1. CLICHES
  2. GOING FURTHER
  3. NOTHING TO DECLARE
  4. ANOTHER MOMENT FOLLOWS
  5. DIRECTION STILL UNKNOWN
  6. PEACE AND QUIET
  7. LIFE IN THIS WAY
  8. ROLL THE DICE
  9. SOME THINGS ARE BETTER LEFT TO BE
  10. COME BACK AND STAY
  11. CONNECTED
  12. WANDERING, WONDERING
  13. WHATEVER HAPPENS
  14. COULD IT BE?
Sponsored Links
336_280
336_280

シェアする

フォローする

Sponsored Links
336_280