Cloudberry Jam Live at Fukuoka Rooms 2006.11.20(ライブレポート草稿)

iTunes
みなさんにお願い

みなさんが覚えている限りで構わないので、「誰々がこんなこと言ってたよ」とか
「ここのMCはこう言ってたよ」って言うのを、投稿して頂けませんか?
例えワンフレーズでも構いません。

残念ながらライブを見ることができなかったファンの為にも早く完成させたいし、
ライブが終わってすぐのフレッシュな状態は、良いレポートを書くのに最適な時期だと思ってます。

ご協力をお願いいたします。

リハを終え、開演までの間、会場の目の前にあるラーメン屋さんに駆け込んだメンバーたち。
その間に少しずつだが増えていく開場を待つ人だかり。
平日で、19時開演と時間も早いことから開場直後は人もまばらだったが、開演が近づくにつれ、混み合っていく。
東京の様に超満員とまではいかないが、Cloudberry Jamの来日を待ちわびている様は十分に伝わってくる。

そして19時、時間通りにメンバーがステージに姿を見せた。

みんな、こんにちは。
今日はここでみんなに会えて嬉しいわ。
私たちはCloudberry Jam
福岡に来るのは2年ぶりかな、前回はBlue notesだったかな…
今日は、ニューアルバム「right here, right now」に収録されている曲も演奏するわ。

と言い、「Let the man」で幕が開けた。

ありがとう。
今日はスウェディッシュスタイル福岡に参加することができて嬉しいわ。
(●思い出せず)
次の曲は私たちにとってポップミュージックの象徴の一つでもあるの。
「My ever changing moods」

Thank you!

Tack sa mycket!

Thank you!
これからプレイする曲は、日本では演奏したことがない曲なの。
まぁ、数日前に東京でプレイしたから、福岡では初めてってことになるかな、「Cliches」

Arigatou!

Thank you very much.

Arigato Gozaimasu!

「I take you where you wanna go」

Thank you.

Thank you.

そのまま「Summer breeze」へ。

Thank you!

Cloudberry Jamはもともと3人で始めたバンドなの。
JrogenとHenrik、そして私。
(●思い出せず)
でも、今日はスリーピース+サニーの4人よ。

ここで、サポートメンバーとしてパーカッションを担当しているサニーさんを紹介。

とても素晴らしいパーカッションプレイヤーよ。
次は「No one else to blame」と言う曲をプレイするわ。

Thank you.
(●思い出せず)
4月頃に日本でツアーをやろうと思ってるんだけど、その時はフルバンドでプレイするわ。
ドラマー・ギタリスト…とにかく何でも連れてくるわ!

フルートやバイオリンもね(笑

じゃあ私は、もう一度フルートを練習しなくちゃ!
まぁ、そんなわけで次の曲にいこうかな。
「I sit a while considering」

Arigato Gozaimasu.

ここでJorgenがベースのチューニングを始める。

Jorgenがギターをチューニングしている間、何を話そうかな…

ギター?

おぉ、ごめん。
今回のツアーでは、Jorgenが初めてベースをプレイしてるの。
(●思い出せず)

Arigato Gozaimasu!

(●思い出せず)
次の曲は「Your love」

Thank you very much.

Thank you.

Thank you very much.
次の曲はニューアルバム「right here, right now」から、(●思い出せず)
「Mesmerized」

Thank you.

Arigato Gozaimasu.

次の曲はとても古い曲よ。
スウェーデンでは学校の体育の授業でダンスを習うんだけど、(●思い出せず)
「Elevator」

「Elevator」演奏中、2つ左にいた女性が涙ぐんでいたのを見て、もらい泣きしそうになった。
やっぱり古くからのファンにとって「Elevator」は特別な存在なんだなぁ…と改めて実感しました。

Thank you!

Thank you very much.

Thank you very much.
(●思い出せず)
今夜はみんなに会えて嬉しいわ、次の曲は「So happy」

Thank you very much.
次の曲で最後になるんだけど…

ここで「え~」と大きなどよめきが起こる。

ありがとう、そのノイズのような響きが大好きなのよね。
最後の曲は「Radio」

「Radio」では、コーラスを繰り返した後、アカペラでコーラス、再び演奏+コーラスにしてフィナーレ。
拍手も一段落して退場するかと思いきや、今度はJorgenの合図でサビをもう一度。
と言う斬新なアレンジが施された。
実はこれ、パーカッションをつとめた

WACK WACK RHYTHM BAND

のサニーさんのアイデア。

「Radio」はもちろんのこと、「Cliches」や「Your love」の激しいプレイなど、今回サニーさんのサポートがなければ
ここまでの盛り上がりは期待できなかったかもしれない。
「Mesmerized」についても、CD収録版以上にかっこいい仕上がりで、ライブ映え度NO.1だった。

Thank you very much.

Thanks, Arigato Gozaimasu.

ありがとう、
次の春、できれば4月にもう一度日本でライブをやろうと思ってるんだ。
その時にまた会おう!

とライブを締めくくった。

ライブ終了後は、Swedish Style 2006 Fukuokaのオープニングパーティへと早変わり。
スウェーデンのウォッカ、ABSOLUTをベースにしたリンゴンベリーのカクテルや、スウェーデン料理などが無料で振る舞われた。
メンバーも、常に会場で飲食し、ファンとの交流を楽しみました。

ライブ会場を後にする際は、さすがに疲れ切った様子で

毎日外食って疲れるね。

なんて口にしていたJorgenやCloudberry Jamのメンバーたち。
その割には、ホテルへの帰路の途中、Jennieの提案でゲームセンターに行き、プリクラ大撮影会。
最後の最後まで盛り上がって、全てのライブを終えたようです。

Set List

  1. Let the man
  2. My ever changing moods
  3. Cliches
  4. I take you where you wanna go
  5. Summer breeze
  6. No one else to blame
  7. I sit a while considering
  8. Your love
  9. Mesmerized
  10. Elevator
  11. So happy
  12. Radio
Sponsored Links
336_280
336_280

Follow

Sponsored Links
336_280