Biography

1991年 – 結成

スウェーデン中央の東側、Ostergotland の中の Linkoping という街が彼らの故郷。
高校時代の同級生5人でバンドを結成しました。

Cloudberry Jam と言うキャッチーな響きのバンド名の由来は、メンバー御用達の中華料理屋のデザートの名前。
インディーズ時代の彼らは、多くのギターを使用する典型的なギターポップバンドでした。

1992年 – メジャーデビュー

この年、彼らは、EP「LA LA LA」でメジャーデビューを果たしますが、その頃の音楽性は現在とはかけ離れたものでした。
彼らは独自の音楽性を追及し、Sixties, Jazz, Latin American と言ったジャンルのエッセンスを取り込むことで成功したモータウンバンドの様に、多様な音楽をミックスすることで、独自の音楽性を築き上げたのです。

1994年 – 評価

2年後の1994年春、6 Track CD「The Art of Being Cool」をリリースしました。
その夏、Emmaboda, Arvika, Dalarocken 等で行ったライブでは、音楽性と楽曲に高い評価が得られたようです。

その頃は、母国スウェーデンでの活動が主でしたが、Japan Quattro Label からのアプローチにより、日本でのコンピレーションアルバムのリリースが決定。
スウェーデンからは、Cloudberry Jam の他、Egg stone と Ray Wonder らが参加。
日本、オーストラリア、イギリス、スペインなどのポップバンドも参加しました。

1995年 – 日本デビュー

この年の4月下旬、母国では「Blank Paycheck」と言うフルサイズCDを、日本では前年リリースされた「The Art of Being Cool」と「Blank Paycheck」を合わせた「CLOUDBERRY JAM」を発表しました。
(彼らは、これを本当の意味でのデビューと捉えている様です、私も、日本でのデビューが彼らの転機であったと思います。)

8月には来日、プロモーション活動を行いました。
その甲斐あってか収録曲「ELEVATOR」はスマッシュヒット!CD の売上は好調で、9月までに5万枚のセールスを記録しました。

11月22日には彼等が所属するNONSレコーズのコンピレーションアルバム「big smile from big snowflakes city」に、「safer place」「c-song」を提供します。

1996年 – 充実期

「Blank Paycheck」の好調なセールスが自信になり、彼らは充実期を迎えます。
2月19日、ツアーの合間を縫ってシングル「Another Moment Follows」をリリース。
そして、たたみかける様に「scorch」をリリースすると言う積極攻勢。
リリースにあわせ Jennie Medin と Henrik Sundqvist は、日本でプロモーションツアーも行いました。

帰国後の同年3月18日には、名盤「Providing the Atmosphere」をリリースします。

発売から1年後、彼らは5万枚以上のセールスを記録し、本国スウェーデンで Golden Disc を受賞。
その夏には10万枚以上のセールスを達成した日本でもGolden Discを受賞しました。

4月19日にはThe Dublin Castle Club in Londonでもライブを行いました。
そして7月には3度目の来日、それに合わせて7月20日、Japan Quattro Label から彼らが子供の頃の写真(Past)、現在の彼らの夢(Present)、そしてこれからのビジョン(Future)を表現したミニアルバム「Past * Present * Future!」がリリースされました。

ファッションブランド「Super Lovers」のポスター撮影を行ったのもこの頃だったと思います。

リリース後の数日、彼らはFM802 Radio Stationによって企画されたイベント「Meet the world beat 1996」に参加、充実したプロモーション活動が出来たようです。
7月の日本ツアー後に、コンピレーション CD 「Going Further」の編集を開始。

スウェーデン国内では10月18日に、Stockholm Recordsから、先行シングル「Going Further」、11月21日にはアルバム「Going Further」をリリースしました。

1997年 – Splitting up

1月にはアルバム「Going Further」を世界リリースし、1月中頃には「Going Further」の PV をオンエア開始。
春には、同郷のバンドBo Kaspers orchestraと一緒に4回目の来日し、幾つかのライブハウスで公演を行いました。

5月中旬から約3ヶ月間のレコーディングの末、11月に「The Impossible Shuffle」を全世界同時リリースし、約4万枚のセールスを記録。
この年の暮れから1998年の初旬にかけては「Day after day」「Out of control」の PV がアメリカと日本でオンエア開始となりました。

10月には、CASIO社 G-SHOCK の限定 BABY-G モデルとして「G’MIX SWEDISH POP MIX」が販売された。

メロディアラームとして、ABBAの「Gimme! Gimme! Gimme」、Cloudberry Jamの「Another moment follows」「Day after day」と3曲を収録。
4つのカラーバリエーションで、当時の価格が16,500円でした。

気になるメロディについては、正直聴いても彼等の曲とは判らない仕上がりですが、希少価値のあるアイテムです。
アルバム「The Impossible shuffle」の写真では、Jennie が G-Shock の本モデルを身に着けています。
G-Shock
The Impossible Shuffle

1998年 – Time to move on

1月28日には、”The Impossible Shuffle Promo tour 1997″ にて来日し、積極的なプロモーション活動を展開します。
4月21日に発売されたボサノヴァの神様 Antonio Carlos Jobin のトリビュートアルバム「A Tribute To Antonio Carlos Jobin (邦題:想いあふれて)」に参加し、「Meditation」を提供しました。

メンバーはCloudberry Jam を通じ、音楽が持つ楽しさの本質を、探し続けていました。
しかし、活動の中でビジネス的要素が多くをなるにつれ、それが難しくなっていくことを感じていました。

そんな中、ボーカルの Jennie Medin は脱退し、大学に戻り「社会衛生学」を学ぶことを決意。
また、残りのメンバーはそれを快諾するとともに、Jennie Medin 無しでの活動は有り得ないと判断し、解散を決意します。

8月1日、過去の作品・ライブ・デモトラック・新曲からなるベストアルバム「Time to move on」のリリースを最後に解散。

「Time to move on」を聴くと、「自分の中で楽しみだった音楽が、気付いたら仕事になってしまった」と語る Jennie Medin の想いが伝わってきます。

良い意味で、彼等はエンターテイナーではなかった。
プロフェッショナルではなくアマチュアニズムがあった。
何かに疑問を抱きながら音楽を続けることを、潔しとしなかった様です。

解散

メンバーは悩みぬいた末、解散を決意しました。
その後、彼等の公式サイトから、このようなメールが配信されました。

今ほどインターネットが普及していなかった当時から、メールを用いたコミュニケーションを行うなど、当時からファンを非常に大切にしていた姿勢が伝わってきます。
また、そんな優しさが、ビジネスと化した音楽との関わりを否定したとも言えるでしょう。

During the winter of 1997/1998 we have made two videos with music from “The Impossible Shuffle”,one tour to Japan and one to the US.
We have had a great time during the years but now we have come to the end.

Cloudberry Jam is splitting up.
To be a part of Cloudberry Jam has been a time of learning, both musically and lifewise.
We have had the opportunity to do what we think is the essence of fun and during the same time been able to do that with close friends.
But at this point Jennie felt that she had to move on and following a feeling that has escalated inside her the last year.

She is going back to the university.
– Music started to become a job were I couldn’t feel that music was the main thing.
It was hasseling about everything surrounding it.
I can’t feel that glimps of honest joy right now when I go down to the studio and without that I can’t have any good music at all, she says.
There are no hard feelings involved.

Cloudberry Jam has been friends and almost as a family the last couple of years.
The guys will keep on playing together with a new project. The end is the beginning…

A compilation album consisting of songs from the previous albums, some live tracks,old demo material and a brand new song will be released in Japan this fall.
This will be an attempt to summaricse what Cloudberry Jam has been about from the beginning to the end.
There are also plans for a videocompilation and a last “goodbye-tour”.

The support from our Japanese fans has without a doubt been the most fantastic thing we have ever experienced.
There is no way we can thank you enough for the pure happiness we have felt performing in Japan.
You have changed our lifes to the better for ever, thanks.

We also thank all the wonderful people around the world that has managed to find us and our music,and we hope that your interest in our future musicmaking will not decrease after this.
Take care, Cloudberry Jam.

Sponsored Links
336_280
336_280

Follow